【ふり返り5】所さんの言葉とレコード

自分語り

こんばんは、HOROYOIです

ようやく最終章です、もう少々お付き合い下さいねw

真鍮色のマイクのセレクティブフォーカス写真

では、大学時代に「レコードを好きになった理由」をお伝えしたいと思います

【ふり返り4】OTIS REDDINGと永積タカシさんで「レコードを好きになった理由に迫ります」と

投稿してしまったために 何か面白いエピソードが無いか絞り出したのですが、、、

DJになったとか、ビートメイキングのためにDIGしていたとか

そんなキラキラエピソードは無く、音響マニアの類でもありません

淡々とレコードを買い続けただけの4年間でした

これが決め手でレコード好きになった!というエピソードはありませんが

ライフスタイルにゆっくりと浸透し自然と好きになっていったのだと思います

 

「レコードに針を落とす動作」

 

「埃が溜まったレコードのクリーニング」

  

「インテリアとして飾る場所を考えること」

  

4年間そんなことの繰り返しが生活の一部になっていた訳です

本にもたれてワイヤレスヘッドフォン

所ジョージさんが「面倒なことに幸せがある」と仰っていた事を思い出しました

正にHOROYOIがレコードを好きになった理由がこれだと思いました

レコード特有の面倒なことを幸せと感じるようになった4年間があったからこそ

現在もレコードで音楽を聴いているのだと思います

 

最後に、全5回の連載を読んで下さりありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました