【ふり返り4】OTIS REDDINGと永積タカシさん

自分語り

こんにちは、HOROYOIです

はじめての昼投稿で気分は乘らない感じですw

仕事の前日に深夜投稿は厳しいですから仕方ありません

さて、【ふり返り1】初めて洋楽を聴いた時のリアクション

「ゆる〜くブログを継続したい」と投稿しましたが

    

「稼ぎたい!」

 

このシンプルな「想い」に変化した事を共有します(原点回帰かな)

ゴールに辿り着くまでの「想い」を表明した上で再出発させて下さい

「HIPHOP好き」&「+α」の出来事を体験しながらの4年間

では、レコード好きになった大学時代を振り返ります

引越し当日、眼に映るもの全てが新鮮で(どこかで聞いた事がある表現、、、)

電車の窓から見た都会の女子高生を「本物だ」って思いましたねw

【ふり返り1】初めて洋楽を聴いた時のリアクションの時と似た心境でした

生活面では「いつでもライブに行ける環境」が夢のようで

他にもあれこれ選択肢が広がった事に気づきワクワクの新生活を向かえたわけです

  

はじめてのライブはJURASSIC5、場所は新宿リキッドルームでした

入り口まで螺旋状の階段を ゆ〜っくり ゆ〜っくり お客さんが登っていく

なかなか進まないのでライブが始まる前に疲れ果てたのを覚えていますw

ありきたりですがライブが始まれば疲れは吹き飛びましたね

HIPHOPを生で体感できた事に大満足でした

新宿リキッドルームではrhymesterのライブも見ることができ

HOROYOIにとって良い思い出が詰まったライブハウスです

(現在は恵比寿に移ってますね)

ステージで写真を撮る人

では「+α」について迫りたいと思います

「SOULに興味を持ち始めた出来事」「永積タカシさんのファンになった事」

この2つの出来事が、現在「SOUL好き」の根底となっています

SOULに興味を持ち始めた出来事

HIPHOP好きの友達からMDをよくもらっていたんですね

所謂ミドルスクールものやアングラHIPHOP、JAZZYHIPHOP、日本語RAP、

幅広い選曲のおかげで広〜く好きになりました

ある日、大量に溜まったMDを聴き返していると

JAMES BROWNやISLEY BROTHERSを録音したMDがありました

おそらくHIPHOP以外に興味を持てず埋もれていたのでしょう

この時はがっつり気持ちを持っていかれまして

某レンタルショップのSOULコーナーを片っ端から借り始めることになります

そこで出会ったのが OTIS REDDING でした

心の奥底まで感動が伝わりゾワゾワッと鳥肌が立ったのを覚えています

二十歳そこらの小僧が OTIS REDDING に感動を覚えたのですから

客観的に見ても 渋くて良い感性 を持っていたなと思いますw

そこからSOULの虜になりましたね

永積タカシさんのファンになった事

OTIS REDDINGと同時期に出会ったのが

FUNKバンド SUPER BUTTER DOGでした

感性豊かなバンドでニヤリと笑わせてくれるような曲もあるのですが

FUNKは絶対に外さないんですよね

そこに「FUNKバンド」として活動する厚い信頼を感じていました

そして、HOROYOIが感じた最大の魅力がボーカル永積タカシさんの

 

歌声です

 

ボーカルの魅力を伝えるライティング能力が欲しい!いつかの課題ですね

 

さて、名曲「サヨナラCOLOR」を分岐点にバンドは休止し

永積タカシさんのソロプロジェクト「ハナレグミ」が始動します

ハナレグミのライブはたくさん見に行きましたが

空にふわふわ浮かんでいた気球 と 永積タカシさんの歌声が妙にマッチした

日比谷野音のライブが最高の一日でした

空中で赤い熱気球

次回、レコードを好きになった理由に迫り連載を終了しますね

しばしお付き合いくださいませw

コメント

タイトルとURLをコピーしました